この世に存在する愛おしい「それ」をコトバで見えるようにするというASOBI。

私たちが何億光年と旅をして未だ記憶しているもの。

死んでも消えることのないその名付けできない何かを集める。

一見まるで美しいとは呼べないようなそんな僕たちが持つ混沌とした本能や感情さえも

全てゆるされあるべき所に還る。

ここはそんな「コトバの視覚化」によるカタルシス空間。

色納シルシ︙1976年生まれ。滋賀県出身。

幼少期から寓話や音楽などの芸術に親しむ。

10代前半、身近な人々の死をきっかけに仏教哲学に触れ、自己探求に没頭する傍らで命と愛をテーマにした詩と音楽を作り始める。

20代後半に離婚。

全国を放浪し、転職を繰り返した後、

2016年に起業。

感じやすさから恋愛における人との関わりに悩む女性たちへの

タロットカウンセリングを行う。

現在は、

それぞれの目に映る命の美しさを共有したいという想いから

人間が持つ否定したいような感情をコトバの視覚化によって肯定し、本来ありたい美意識に還すための詩とアートを製作中。

 

PAGE TOP