覚めてしまう秘密はきみという革命。

きみの美しさという未知が夜明けになると

いつもこのからだを使い始める。

 

揺れながら廻りながら、

感化しあう、いつだって。

 

実りたくて実っただけの果実が

僕の中で踊っているから

ぼくは生きているの。

 

咲きたくて咲いただけのきみが

僕の中で生きているから

ぼくは愛してるを書くの。

 

眠ってなんかいられない、

覚めてしまうその秘密はきみという革命。

関連記事

Lyrics

PAGE TOP