赤い橋のトワ。

供える。供える。

長い長い膨大なきもの帯のようなそれ。

歴史の裏に廻り廻るいのちの裾を観て、

私は頭をあの世と呼ばれる場所に供えた。

そしてはじめて自分の足で立った。

赤い橋を渡る時に

約束をしたトワは

まぎれもなく今に存在して

遥か彼方の何万年が瞬きする間もなく

時間を超え、繋がるとき、

私たちは契りを再び交わしているんだ。

だからもう一度供えたい。

むかしむかしではなく

いまのわたしを。

鏡に映ったわたしではなく

緑であり、桜であり、

土であり、赤いあの世であるわたしを。

関連記事

Lyrics

PAGE TOP