,

咲きたい。その尊さを革命せよ。

きみは咲きたいと言った。

花にしかなれないその花が

咲きたいと叫んだ。

二人の目から

涙と一緒にたくさんの血が流れていった。

頭と胴体が別々の人形がごろごろと転がっていた。

終わりの意味を僕たちは何も分かってなどいなかった。

ずっと咲かずにいたきみの気持ちも

咲きたくないと言い聞かせてきた僕の気持ちも。

だけど今ならわかるんだ。

生きたままで僕たちがあの世という天国に行けること。

そのためにこの運命は。

そしてぼくは剣を持ったんだ。

僕たちが頑なに握りしめた手を離して終わらせた時、

そこから全てが始まること。

ずっと繋がりたいと思っていた、

愛と呼ぶものに繋がるのだということを。

PAGE TOP