,

思い出し、繋ぎたいたったひとつの光。

海を見ているとわたしは海になっている。

 

私の膜が潤い、

揺れるがままになる。

 

山を見ているとわたしは山になっている。

 

わたしの足は根を張り、

真っ直ぐな骨になる。

 

誰かのあきらめをみればあきらめになる日もあるけれど、

誰かの恋文をみればまたわたしは恋文になる。

 

だから「今だ」という声を誰かのまなざしにみたなら

「生きたい」という色を夜明けの光にみたなら

その大切をとめてはいけない。

 

世界にありありと開かれたその大きな意志は

あなただけのカタチを見るのを待っている。

 

この身体はそれを受け取り、育み、

産み出すまで長い長いあいだ、ずっと守っている。

 

どんな冷たい雨の日にも。

雨に濡れて終わらせてしまいたい、

閉じてしまうそんな夜にも。

 

開いているその子宮口は

産むべきそのカタチを知って秘めている。

この口は伝えるべきコトバを知って秘めている。

 

だからいつもどんな時も

私たちは思い出したい、たったひとつのことを。

「わたしとはこうである」というその大いなる意志のほんとうのあるべきカタチを。

PAGE TOP