ぼくはそれを愛とよびたい。

コトバという得体の知れない生き物は僕であってキミである。
それは時にあまりにもカオスで痛みや弱さを含んだ大きな闇に溶けている。
だけどどれだけ泣いたとしても、全てが無意味でも、命を全うしようとするその本能的な生き物を僕は何より愛している。
本当に全てに溶けてしまう前に、死んでしまう前にキミが語りたいコトバは一体何なんだろう。

  1. 覚めてしまうその秘密はきみという革命。
  2. 大暑。運命という名の道を開く獅子座の夏。
  3. 思い出し、繋ぎたいたったひとつの光。
  4. 死にゆくカタチと死なないイノチ。
  5. 秘められた繋がりのトビラ。
  6. 夏至。究極の繋がりを産む力を宿す。
  7. 蠍座の月に想う生死とセックス。
  8. 赤い橋のトワ。
  1. Lylics

    産まれる前からある宇宙というぬかるみから集めたウタと
    産まれた後の心象というむき出しが出会う場所。

  2. Emo Art

    せめぎ合うあんな想いやこんな想い。どこを切り取ってもそれは生きているという証。

  3. Essay

    科学では解明されていないような欲求。もはや説明不要のような感情。そんな原始的な僕と誰かの本能のはじまりと行く先を追求してみるという試み。

WORKS

一覧
PAGE TOP